食育指導士インストラクター資格

食育指導士インストラクター資格。食育という言葉は、明治時代に西洋医学・栄養学否定運動を展開した陸軍漢方医、石塚左玄が『通俗食物養生法』(1898年(明治31年)「今日、學童を持つ人は、體育も智育も才育もすべて食育にあると認識すべき」)で造語しましました。なお、食育教育については、医学博士・料理評論家である服部幸應(はっとりゆきお)先生が第一人者です。服部幸應先生主催の食育指導士、食育インストラクター講座(通信講座)も開催されています。

メニュー| 食育の知識と実践、食育が見直されてきた背景について | 食育という言葉の歴史と食育関連教材 | 食育インストラクター、食育指導士による食育指導計画推進の動き | 食育問題にとりくんでいる活動と食育の講演や食育イベント | 地産地消のおかずやごはん、食育白書にもとづいた食育指導について | 食育推進のの地域での活動と食育指導士のすすめ |

食育の知識と実践、食育が見直されてきた背景について

食農教育は知識だけでなく、体感教育の実践が必要

食育(しょくいく)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることです。食育基本法においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられています。これらの知識を身につけ実践する食育指導士や食育インストラクターも増えています。

食育指導計画を推進するための食育インストラクター、食育指導士も年々増えてきていて、小学校ではクイズをとりいれた食育の基本授業やイラストを使った食育学会講座やフォーラムも人気です。食育アドバイザーやアンケート・教育、絵本や紙芝居をつかった食育レシピ・おやつなどもあり食育コンクールも開催されています。食育指導教材も最近は充実してきており子どもにもわかりやすい食育絵本などもあります。

全国的に食育への関心が高まる中、菜園学習の手引きとなる「野菜を育てて学ぶ 食育実践BOOK」(家の光協会)が全国出版さました。著者はJA鳥取県食農教育支援センターの川上一郎理事長で、「食農教育は知識だけでなく、体感教育の実践が必要」と話していいます。川上さんは 「五感で覚える食農教育」を提唱するなど、実践重視の食育を推進する川上さんには、県内外から多くの講演依頼が寄せられており各地のJAや学校などでの講演活動にも取り組んでいます。

食育が見直されてきた背景として、偏食、肥満、味覚障害など、日本の子どもたちは食に関して多くの問題を抱えており、キレやすい子どもが増えてきたのも乱れた食生活が原因であると言われています、そこで今、強く求められているのが子どもたちへの食育です。また「食育」が自宅で身につけられる本格的な食育通信講座などもあります。もし食育指導士や食育インストラクターに興味があるなら資料を取り寄せて勉強してみてはいかがでしょうか。